【しあわせになる本の紹介】 No.11

もう無理に頑張らない。でも、諦めない。
車イスの上で学んだこと。

大阪府藤井寺市 米野浩子(44歳)

「足の感覚がない!」

 体の異変に気づいたのは、2000年5月のゴールデンウイークの最中でした。朝、目が覚めたら、おヘソから右足にかけて感覚がないんですね。こんなのは初めてのこと。「変やなあ」と思いながらも、ゴミを出したり、朝食やお弁当の支度をして、小学校5年生の息子を先に送り出しました。
その日は息子のサッカーの試合でした。私が父母会の世話人をしていたものですから、大急ぎでバイクに乗って試合会場に向かいました。ところが、そのうちだんだん足が動かなくなって、トイレに行こうにも立てないんですよ。やっぱりおかしいと、またバイクに乗って近くの病院に行きました。
おそらく椎間板ヘルニアだろうというので、念のためにMRI検査をしたら、どうも違うと。病院の先生も首をひねっていて、「うちでは診れない病気かもしれない」と大学病院の神経内科に紹介状を書いてくださいました。
大学病院では、検査、検査の毎日でした。たぶん、病名は予想されていたと思いますが、いくら検査しても、これだと断言できる決定的なデータが出なかったようです。検査入院は45日間に及び、結局、病名がわからないまま退院しました。
右足の感覚はほとんどなくて、力が入りません。こんな状態なのに、何もないはずはありません。いろいろな病院を探して、何度も同じ検査を受けて、ようやく「多発性硬化症」という病気であることがわかりました。

原因不明の難病

「多発性硬化症」というのは、脳や脊髄の神経の周囲を覆っているビニールみたいな被膜(髄鞘)を自分の免疫で傷つけてしまう病気なんだそうです。どの部分に病巣ができるかによって、呼吸ができなくなったり、目が見えなくなったり、手や足が麻痺したりするんですが、私の場合、足だったんですね。
ふつうはMRI検査で病巣を確認できるのですが、私の場合は病巣がMRIに写らないという特殊なケースらしく、病院で何度検査を受けても病名が特定できなかったのはそのためでした。原因はわかりませんが、ストレスが引き金になると聞いています。
当時、私は40歳でした。それまで病気一つしたことがなくて、両手に荷物を2つ、3つぶら下げて一目散に駆け出すような、典型的な元気な主婦だったんです(笑)。
主人は自営業なので、日中は家業を手伝い、その合間に家事をこなして、PTAや町内会の役員、サッカーの父母会の世話人をして……と、それこそ毎日、分刻みの生活を送っていました。
それがある日突然、足が動かなくなって、「あなたは多発性硬化症という病気です。一生、車イスの生活です」と言われても、どうしても自分のこととは思えませんでした。

現実を受け入れるまで一年

 最初はさほど深刻には考えていませんでした。病院の先生から車イスを使うよう勧められましたが、「松葉杖で大丈夫です」と拒否しました。車イスなんて大袈裟や、嫌やって思ったんです。先生も渋々、承諾してくれました。
松葉杖でなんとか1年、頑張ったんです。障がい者用の自動車を運転してどこにでも行けたし、少し不自由ではあるけれど、今まで通り元気な主婦をやってきました。でも、自由にならない足を松葉杖で支えるのも限界があるんです。そのうち手がパンパンに腫れて、手が使えない状況になって観念しました。
「先生、もうあかん。私には車イスが必要なんやね。買ったほうがええんやね」
先生は必要だって言いました。一生使うだろうから、買ったほうがいいって言いました。その時、やっと私は、自分の病気のこと、これから車イスの生活になることを理解したんです。
自分の体がどんな状態なのか、その現実を認めるまで1年かかりました。そして、やっぱりそうなんだとわかった時から、私の中で葛藤が始まるんです。
「なんで私なんや! なんでや、なんで!」

「私はできる。大丈夫」が口癖だった

 私の家は義母と主人、3人の子供の六人家族です。私が病気になっても、家族の態度はちっとも変わりませんでした。
発病した時、長女は15歳、次女は13歳、長男は11歳。3人にも私の病気のことをきちんと説明しました。「もう治らんかもしれへんけど、どう思う?」と子供らに聞いたら、「お母さんが全然変わっていないから、今まで通りでいいよ」と言いました。私、病気になっても落ち込んだ姿を見せなかったし、相変わらず口うるさい母親のままで、少しも変わっていなかったんですね(笑)。
これが暗い顔をして落ち込んだり、急におとなしくなったら、子供たちも戸惑ったろうと思います。
負けず嫌いで自信家で、何でも自分がやらないと気がすまないという気質も変わりませんでした。学校の行事もサッカーの世話役も、どんなことも「私が、私が」という感じでした。また、家に戻れば、長男の嫁という立場です。どこの家にもある嫁姑の関係で、義母に気を遣い、落ち度のないように常に気を張って暮らしてきました。
いずれは親の介護をするはずの嫁が、急に逆の立場になってしまったわけですから、義母に対する後ろめたさ、悔しさは言葉にはできません。義母が手伝ってあげるよと言っても、どうしても素直に受け入れることができなくて、「これくらい自分でできます」「大丈夫です」と、肩肘張ってしまうんです。人に甘えられず、弱いところを見せられず、「私はできる。大丈夫」と無理に明るく振る舞う私でした。

患者同士の心の交流

 この病気は、いつ、どこに病巣ができるかわからなくて、再発を繰り返します。私も最初は足だけでしたけど、目や手にも出てきました。今、あまり見えませんし、手がしびれて箸が持てません。発病以来、入退院を繰り返し、1年のうち三分の一は入院生活です。
この病気を専門に治療する病院が全国に5、6カ所あって、関西には京都の宇多野にあります。今、そこにお世話になっているんですが、専門の病院なので同じ病気の患者さんが大勢います。病歴10年、20年という人も多くて、みんな、私以上に深刻な病状です。
病気の苦しみは、医者にも家族にも伝わらなくて、それが辛いですね。でも、患者同士だと同じ経験をしているので、相手の気持ちが手に取るようにわかるんです。私はここで、自分を飾らず話ができる人たちにめぐりあいました。
入院すると、いつも患者同士で「頑張ろう」と互いに励まし合っていたんですが、ある時、「これ以上、私ら何を頑張るんやろな……」っていう話になったんです。今、すでに病気と闘っている。家族と別れて一人で入院生活を送っている。辛いことをいっぱい我慢して頑張っているのに、これ以上、何をどう頑張ればいいんだろうって。
あと何年生きられるかわからないけれど、ずっとこの体で生きていくわけです。いつもいつも頑張っているのは、しんどい。だから、患者同士で「頑張ろう」を禁句にしました。そして、辛いことも苦しいことも、腹を割って話をしようと決めました。

「スミマセン」ではなく「ありがとう」

 それから少しずつですが、無理に頑張らなくてもいいかなと思うようになりました。どんなに頑張ってみても、できないことのほうが多いわけだし、無理なことは無理なんです。まさに「この自分で生きる」という感じで、障がいを負ったら負ったなりに、自然体で生きていきたいなあと思い始めています。
最近やっと自分から、「手を貸してください」と言えるようになりました。3月には、こころの会のセミナーに参加したんですが、そこでも大きな収穫がありました。
車イスで人込みの中に入ると、どうしてもいろんな人の手を煩わせてしまうので、無意識のうちに「スミマセン、スミマセン」と謝っているんですね。よほど連発していたらしくて(笑)、ある方から「スミマセンなんて言わなくていい。そんなに気を遣わなくていいよ」と言われました。
私は自分で自分を卑下していたのかもしれませんね。ああ、これは私がめざしていたことではないぞと思いました。
人の助けが必要な時は素直に助けてもらって、「スミマセン」ではなく、「ありがとうございました」とお礼を言うことが大事だと気づきました。
手を貸してくれた人にきちんとお礼を言うことで、その人が他の障がいを持つ人にも手を貸してくれるかもしれません。私がそういうきっかけをつくれたらいいなと思っています。

諦めず、前向きに生きる

 必要以上に頑張らないようにしようと思いますが、これから先、状態が悪くなっても、心まで病気に負けたくはありません。病院で前向きな患者さんをたくさん見ています。みんな自分の命を大切に生きているんです。必死で自分のできる範囲を行う態度には頭が下がります。私にもまだできることが残されています。ここで負けていたらその人たちに笑われますよね。
私ら患者の間では、「前向きに生きよう」が合言葉です。病気は、後ろを向いたら絶対に駄目。どんなことも最初から諦めてしまうんですね。でも、前を向いている限り、絶対にへこたれないし、新しいことを受け入れる余裕が生まれます。
私もいずれは寝たきりになるかもしれません。でも、そうなるまでまだ時間があるんだから、今やれることは精いっぱいやりたいし、毎日、楽しく暮らしたいと思います。
病気をして失ったことは多いけれど、人を思いやる気持ちがわかるようになりました。とくに患者同士、相手を思いやる気持ちは強いですね。みんな、体が動かない分、心が動くんです、相手を思いやる心が。だから、みんな、自分のことと同じように相手を心配します。
相手を思いやる気持ち、心配する気持ちは、以前の私にはありませんでした。人によく思われたい自分でしたから、病気にならなかったら、きっと一生、相手を思いやることを知らなかったと思います。
病院ではなく、家族のそばにいられるのがそりゃあ、一番です。私にとって、主人の存在は大きいですよ。よく動く、マメな人なんです。子育ても終わり、ようやく夫婦二人の時間を楽しめるという時に病気になったものだから、最初の頃は主人に申し訳なくて、そのストレスもずいぶんありました。でも、今は仕方ないなあという感じです。
5年経って、ようやく、私も主人も病気とのつきあい方がわかってきました。
「自由な時間がほしいやろ。そろそろ私に入院してほしいと思ってるやろ」
「うん、ストレスがたまってきた」
なんて、2人で冗談も言えるようになりました(笑)。

(大きな乗りもの 2005年6月号)

▲ページトップへ

2016/05/08 NEW!
“共に生きる” 81
2014/11/10
息子の“こころの話”が聞けた!80
2014/08/08
胸の中がスッとした。79
2014/05/15
私は本当に被害者なのか!?
父と母の生き方からつかんだ“この自分”!
78
2013/08/09
きいてきいて!77
2013/07/16
父と向き合う76
2013/06/11
六十代の本音75
2013/03/10
夫婦二人でテクテク74
2013/02/12
姉弟のはなし73
2013/01/10
スッキリ!72
2012/12/12
聞き、語り合える場があって良かった!71
2012/11/12
「言葉が〝薬〟だ」70
2012/10/10
先に進む手立て69
2012/09/10
カギを閉めていたのは、誰だ?68
2012/08/01
自分のボロを出すのはうれしい事。やっちゃえばしあわせ!67
2012/06/20
相手の話に共感し、相手が聞ける状態になるまで待てる自分に。65
2012/05/17
まずは、子供の話を聞く。 信頼が親と子の絆を強くする 64
2012/04/10
3.11から家族の大切さを再確認、妻の話も聞ける自分になれた
こころの相談室
63
2012/03/15
話を聞くことから学ぶ
こころの相談室
62
2012/02/15
自分を語ることから始まる -全国こころの会- 61
2012/01/20
こころを話す場が地域にある -こころ21- 60
2011/11/25
自分で考えることが大事 -“共に育つ”を語る会-59
2011/11/10
こころを通い合わせる喜び -トライアングルネットワーク-58
2011/10/11
聞いてもらって、今がある57
2011/09/11
私の見つけた! しあわせの近道56
2011/08/10
大人が変わると子供も変わる55
2011/07/10
会えてうれしい!話せてうれしい!54
2011/04/06
人とつながるキッカケづくり53
2011/03/10
水平な三者の支えあい52
2011/02/10
人と一緒に、元気になる51
2011/01/10
身近な人との支え合い50
2010/12/15
「ここにいる」という支えに49
2010/11/10
正直に気持ちを語る大切さ48
2010/10/10
誰もがひとの勇気になれる47
2010/09/15
子供が教えてくれたこと46
2010/08/01
気づき合う人との関わり 45
2010/05/11
“当たり前”の日常 !?そんなものはどこにもなかった。 44
2010/03/16
初めての、人に作ってもらったお弁当。43
2010/02/16
青い空が青く見えるしあわせ。42
2010/01/21
「死にたい」と言う、その人に私は言った、「あなたが死んだら、私は一生傷つく」と。人と人との支え合い。41
2009/12/16
私は主人の尻拭いをする人!?「イヤだね」から始まった、私たちの夫婦革命。40
2009/11/18
父と私、息子と私、人さまと私、同じ目線で向き合って、語り合って元気になる。39
2009/10/26
「お父さんは、ばあちゃんの子供じゃ」38
2009/09/28
父に「死んでしまえ」と言ってしまった…。37
2009/08/17
言い聞かせない、今日頑張ったことをほめてやる。36
2009/07/15
苦しみの先に、まだ変われる自分がいた!35
2009/06/10
お母さん、一緒に生きてくれて、ありがとう。34
2009/04/27
“この自分”でいいや、“この自分”で生きていける!33
2009/03/12
結婚って、不思議やな、 今、家族って聞かれると両方家族。 この家族に会えてよかった!32
2009/02/05
みんな生きてるやんか!
みんな一緒やんか!
31
2008/09/26
教員生活、38年。人間を育てる学校という場で、子供たちから学んだこと。30
2008/07/16
嫌いだった父と二人きりの時間。 ポツリポツリと会話が生まれ、やがて 父の言葉をこころで捉えられるようになった。29
2008/05/26
私のエゴと優しさで、家族をダメにしてきた。今、一歩前へ!28
2008/04/04
恨み続けた23年が、あの人たちの“せい”から、あの人たちの “おかげ” に変わった!27
2008/02/10
「しあわせ」はこれから!家族みんなの決心。 26
2007/12/10
自分だけがガマンしていても何も解決しない。 25
2007/11/12
しあわせになる! 今、改めてスタートを切った 私たち家族の決意です。24
2007/10/13
泣いたり、笑ったり、喧嘩したり。家族で営む、当たり前の生活。その一日一日大切に、暮らしていきたい。23
2007/09/03
自分づくりって、何だろう? 人を大切に思えた時、自分が見えてきた。さらに「なぜ?」を大切に、自分自身を見つめ直す。22
2007/08/10
夫婦、親子、家族のつながりの中でこそ。幸せになります、きっと。21
2007/07/30
「どうせ苦労するなら、3人で苦労しようよ」 目に見えるモノすべてを失って得た娘のひと言。 われに返る。20
2007/07/20
やさしい長男の“いじめ”に愕然、母は奮起。 実は、自分の生き方が問われていた。19
2007/07/10
「保育園は練習するところ」、「れんしゅう?」“会話”が、親を育てる、子を育てる。18
2007/06/30
心にずっとしまってあった “こと”を、やっと口に。私を丸ごと受け止めてくれた父と母に感謝。17
2007/06/20
「一緒に生きようね」、生きる意欲がよみがえる。支えられるだけではなく、支えにもなれる自分を感じて走る。16
2007/06/10
部下をリストラできなくて、自分が会社を辞することに。後悔はしない。これが私の生き方。15
2007/05/30
リストラ、ガードマンに。格好つけててどうする。「今度見に行くね」、家族の応援が心の支え。14
2007/05/20
妹よ、あなたは自ら言葉を発しない。 けれども、いつもニコニコ。 あなたの笑顔が、もしかしたら、 誰かの助けになっているのかもしれない。13
2007/05/10
うつ病と共に生きる。胸にしまい込んでいた本当の気持ちを表に出せた!12
2007/04/30
もう無理に頑張らない。でも、諦めない。車イスの上で学んだこと。11
2007/04/20
子供というのは、ありがたいもんですな。こんなワシでも見捨てんでくれちょる。10
2007/04/10
生きているうちに喧嘩できる相手に感謝しな。 喧嘩できる相手がいるっていうのは幸せだよ。09
2007/03/26
四歳半で突然死。子を失った母が悲しみの中から把んだもの。「それでも自分をやめてしまうわけにはいかない」08
2007/03/12
不登校と家庭内暴力。 「この子がいなければ…」と思ったことも。 息子によって、私は母親になれた。07
2007/02/24
親が見栄、世間体を捨てた時 背中を向けていた子がイキイキと自分の道を。06
2007/02/17
若者たちと、今、真剣に関わっていこう。それが、街を、やがて日本を良くする。05
2007/01/27
自分の存在を認めて欲しい人は両親。僕の真実を語ります。04
2007/01/13
「オレはおらんでもええんじゃろ!」 息子の心の叫びに、 親として、やっと目が覚めた日。03
2007/01/13
辛い思いは、その人も。 十三年間の憎しみの心から解放されて、今。02
2007/01/13
子供たちの思いになって、 親子の縁を結び直すお手伝いをしていきたい。01
ΩΩΩ

書籍について

コチラの書籍にてすべてがご覧になれます。 ご購入は下記サイトからどうぞ。

一陽舎WEBサイト

Amazon.co.jp




about