【しあわせになる本の紹介】 No.10

子供というのは、ありがたいもんですな。
こんなワシでも見捨てんでくれちょる。

高知県高岡郡 岡本 謙(66歳)

酒なくて何がこの世の桜かな

 ワシは何十年もアルコール中毒で苦しんだきに。いや、まっこと苦しかった。じゃが、ほんまに苦しかったのは自分じゃのうて、女房や子供らやったと思う。
昭和40年、28歳の時に結婚したんじゃが、その3日後から酒が止まらんようになってしもうた。それまではほんま飲まんかった。酒飲みがキライやった。ウソじゃないですき。
ワシが5歳の時に父親が戦病死したんじゃが、その時の親父の最後の言葉が「お国のためと出て来たからにはベッドの上で死にたくはなかった。少なくとも敵の玉に当たって戦場で死にたかった」と。物心ついてからその言葉を聞いて、ワシは「オレも親父の血を継いで立派な男になってみせる」と誓ったもんやった。
そのワシが恥ずかしいことに、どういうわけかアル中になってしもうた。酒なくて何がこの世の桜かなという男に成り下がってしもうた。まあ、祖父が酒好きやったから、ワシももともと酒が好きやったんじゃろうと思う。

あらゆる所に隠しちょって…

 酒を飲まれる方もおられると思うが、よう聞いちょってよ。自慢じゃないが、ワシの酒の飲み方は半端じゃなかった。ぎっちり飲むんじゃ。夜が明けたら、目が覚めたらまず何をおいても酒。女房より早く起きるんじゃが、それは隠しとる酒を飲みたいがためやった。
仕事をしとろうが何をしとろうが関係ない。酒が切れかかると飲まんではおられんのじゃ。戸棚の中は言うに及ばず、縁の下、物置、草の中、もう家の周りのあらゆる所に酒を隠しちょったのう。女房や娘がそれを探し出すんじゃ。まるで刑事やな。それでも懲りずに隠したもんじゃ。
ほんで、ちょっとさめかけたら飲みさめかけたら飲みしちょった。もう飲みっぱなしじゃな。酒が切れかかると気分が悪うなって、キューッと一杯ひっかけるとスーッとスッキリするんじゃ。その繰り返しやった。けんど、仕事はちゃんとしよったでよ。
もちろん飲み屋にもよう行った。日に4、5万も使うた。それもそのはずじゃな、飲み屋に行っては片っ端から友達を呼んで、「まあ飲め」とおごるんじゃから。
量も半端じゃなかったき。30代、40代の頃は、毎日毎日浴びるほど飲んでもビクともせんかった。それも、物も食べずに飲み続けるがやき。息子は「親父よ、飲むなとは言わんき、晩だけにしてくれんかよ。今日も酔うて街に出てきちゅう言われるんがもうイヤやき」と言うが、どうにもガマンができんがです。

身体を壊してもやめられん

 そんな生活を続けりゃあ、そりゃあたいがい身体も持たんようになる。とうとう50の時に倒れて病院に運び込まれたんじゃ。どこから出血しゆうかわからんほど吐血して、ついに手術。この時はもう助からんと思うたもんやった。静脈瘤破裂やったんじゃが、真っ黒い血が身体中に溜まっちょった。自分の血は全部出血してしもうて、人さまの血で生きていると、後で医者に言われた時は、さすがに生きた心地がせんかった。
その時は、こんなワシでもみんな心配してくれてのう。女房子供は言うに及ばず、こころの会の仲間たちが心配して、手術の時には60人からの人が病院に来てくれたそうで、病院も整理で大変やったと思う。ありがたいことやな。
それでも酒をやめることはできんかった。アル中の治療で何回か病院にも入った。けど、病院に向かう車の中でも飲みゆうがやき、世話ない。コンクリートに囲まれた部屋に一日閉じこめられたんじゃが、これはきつかったな。それでも治らんかった。
ワシのアル中は街中のみんなが知っちょった。自慢にはならんが、有名やった。「謙さんが来たら飲ましたらいかんでよ」。アル中いうのは難儀なき。たとえ一滴も飲んじょらんでも、世間の人は「また酔うちょる」と。まあ自業自得じゃがな。
息子の結婚式の時、息子からは「酔っぱらってる親父じゃ恥ずかしいき、挨拶はせんでもえい。式には出んでもえい」とまで言われたワシやった。

母親を心配した娘は…

 まあ、こんなでたらめな生活を平成12年まで続けちょった。35年ほどじゃな。そのワシが、今はプッツリ酒をやめちょる。正直に言うたら正月にちょっと飲んだ。五歳の孫に「ジイちゃんが死んだらいかんき、お酒飲んだらいかん」と泣かれて、これにはまいった。じゃが、それ以外は飲んでないき。ホントのことです。なぜワシが酒を断てたか。お酒の好きな人、よう聞いちょってくださいよ。
今から4年前、高知市内にアパートを借りて病院に勤めていた娘が家に帰って来よりました。これからは家から高知まで通勤すると。ワシの家は田舎で、高知まではこじゃん(たくさん)と時間がかかる。金もかかる。それでも「お父さんがこんなにお酒を飲んだら、もうお母さんのほうが精神的にメチャメチャになってしまう。倒れてしまう。これではいかんき、私はここから高知に通う」と。そういうことやった。
子供というのはありがたいもんですな。こんなワシでも見捨てんでくれちょる。いや、ホントはワシじゃなく女房のことが心配やったんじゃろうと思います。当然のことやが。

酒を断つ一念じゃきに

 で、平成12年、ワシは在家仏教こころの会がやっとる七面山修行ちゅうのに行きました。山梨県の日蓮宗総本山・身延山久遠寺を参拝したり、七面山に登る修行ですな。七面山には、こころの会の創立者である久保角太郎いう恩師の記念の宝塔があるがです。
ワシは、どうしても酒を断ちたかった。女房にも長いこと迷惑かけたし、子供たちにも迷惑かけた。これ以上迷惑かけちゃいかん。なんとか酒を断って、少しはまともな人間になりたいと思ったんじゃ。ほんで、七面山修行に賭けよう思うての……。
じゃが、それを聞いた女房や家族はたまげた。そりゃそうじゃ。その前にも行ったことがあるが、その時は飲みっぱなし。道中のバスの中もポケットというポケットに酒を詰め込んで飲んじょった。身延でも夜中まで飲み屋で飲んだ。明くる日はバスの中でもどす始末やった。「また勢いであんなこと言うて困ったもんや。いかんでぇ。よう行きゃあせんき、そんなめんどいこと言いなや」と女房が反対するのも当然のことやった。
じゃが、ワシにとったら最後の賭けや。「いや、ワシはどうにもならん酒飲みやきに、どうしたちやめれんき、七面山で酒をプッツリ断たせてもらう気持ちで行くがじゃ。ワシの決意やき行かせてくれ」と頼み込んだわけじゃ。
その時に娘は女房に、「止めたらいかん。お父さんが自分から行く気になってるんやから、絶対止めたらいかん」と言うたそうです。
そのひと言で女房も心を決め、七面山に送り出してくれました。そして宝塔の前で土下座して、「私はどうしても酒をよう断たずにいます。どうか酒を断たしてください」と念願しました。ホントに一生懸命じゃったきに。その一念じゃったきに。以来、酒は飲んじょりません、正月にちょっと飲んだ以外は。もうピシャリとやりませんき。
あんだけやめれんかった酒が、この頃、どうもなんでか性に合わんようになった。なんであんなに飲んだろうか、そう思う毎日でございます。

まっこと家族が一番よ

 ワシは酒で最低のところまで落ちた。アル中はおとろしい(おそろしい)もんじゃ。ようやめられたもんやと、自分でも思う。
ただ、誤解してもろうたら困るのは、七面山に行ったからやめられたのとは違う。自分自身の一念や。「酒を断つ」という固い意志や。これがなかったら、なんぼ七面山に行こうが、病院に入ろうが、何をしようが酒は断てん。
それと家族や周りの人らの協力やな。
今だって、もし晩酌にしても日頃から飲んだら元の木阿弥になると思うき。自分でわかっちょります。ほんで飲まんのです。
まだまだ普通の人間にはなっとりません。普通の人間になりつつあるがです。
女房や子供たちも、こんなワシにようついてきてくれたと思う。ええことなんかひとっつもない地獄のような生活やったきに。親父にこんなことしてもろうた、あんなこともあった、という記憶、思い出はないはずじゃ。
それでもなあ、ついてきてくれたんじゃ。普通やったらとうに見放されて離婚されとる。感謝せないかんな。
娘はまだ独身じゃ。これが親父として頭が痛い。アル中の親がおったら嫁にも行けませんわ、こら。「まあ、親父もだいぶ上等になったから、そろそろどうぞ嫁に行ってくれ」とワシが娘に頼みよります。そうじゃなきゃ、親としてワシは死んでも死に切れんきに。
ワシは家族に救われた。そのワシが言うんじゃき。世界で何が一番大切か。みんな、家族が一番よ。家族は大事にせないかんぜよ。

(大きな乗りもの 2003年7月号)

▲ページトップへ

2016/05/08 NEW!
“共に生きる” 81
2014/11/10
息子の“こころの話”が聞けた!80
2014/08/08
胸の中がスッとした。79
2014/05/15
私は本当に被害者なのか!?
父と母の生き方からつかんだ“この自分”!
78
2013/08/09
きいてきいて!77
2013/07/16
父と向き合う76
2013/06/11
六十代の本音75
2013/03/10
夫婦二人でテクテク74
2013/02/12
姉弟のはなし73
2013/01/10
スッキリ!72
2012/12/12
聞き、語り合える場があって良かった!71
2012/11/12
「言葉が〝薬〟だ」70
2012/10/10
先に進む手立て69
2012/09/10
カギを閉めていたのは、誰だ?68
2012/08/01
自分のボロを出すのはうれしい事。やっちゃえばしあわせ!67
2012/06/20
相手の話に共感し、相手が聞ける状態になるまで待てる自分に。65
2012/05/17
まずは、子供の話を聞く。 信頼が親と子の絆を強くする 64
2012/04/10
3.11から家族の大切さを再確認、妻の話も聞ける自分になれた
こころの相談室
63
2012/03/15
話を聞くことから学ぶ
こころの相談室
62
2012/02/15
自分を語ることから始まる -全国こころの会- 61
2012/01/20
こころを話す場が地域にある -こころ21- 60
2011/11/25
自分で考えることが大事 -“共に育つ”を語る会-59
2011/11/10
こころを通い合わせる喜び -トライアングルネットワーク-58
2011/10/11
聞いてもらって、今がある57
2011/09/11
私の見つけた! しあわせの近道56
2011/08/10
大人が変わると子供も変わる55
2011/07/10
会えてうれしい!話せてうれしい!54
2011/04/06
人とつながるキッカケづくり53
2011/03/10
水平な三者の支えあい52
2011/02/10
人と一緒に、元気になる51
2011/01/10
身近な人との支え合い50
2010/12/15
「ここにいる」という支えに49
2010/11/10
正直に気持ちを語る大切さ48
2010/10/10
誰もがひとの勇気になれる47
2010/09/15
子供が教えてくれたこと46
2010/08/01
気づき合う人との関わり 45
2010/05/11
“当たり前”の日常 !?そんなものはどこにもなかった。 44
2010/03/16
初めての、人に作ってもらったお弁当。43
2010/02/16
青い空が青く見えるしあわせ。42
2010/01/21
「死にたい」と言う、その人に私は言った、「あなたが死んだら、私は一生傷つく」と。人と人との支え合い。41
2009/12/16
私は主人の尻拭いをする人!?「イヤだね」から始まった、私たちの夫婦革命。40
2009/11/18
父と私、息子と私、人さまと私、同じ目線で向き合って、語り合って元気になる。39
2009/10/26
「お父さんは、ばあちゃんの子供じゃ」38
2009/09/28
父に「死んでしまえ」と言ってしまった…。37
2009/08/17
言い聞かせない、今日頑張ったことをほめてやる。36
2009/07/15
苦しみの先に、まだ変われる自分がいた!35
2009/06/10
お母さん、一緒に生きてくれて、ありがとう。34
2009/04/27
“この自分”でいいや、“この自分”で生きていける!33
2009/03/12
結婚って、不思議やな、 今、家族って聞かれると両方家族。 この家族に会えてよかった!32
2009/02/05
みんな生きてるやんか!
みんな一緒やんか!
31
2008/09/26
教員生活、38年。人間を育てる学校という場で、子供たちから学んだこと。30
2008/07/16
嫌いだった父と二人きりの時間。 ポツリポツリと会話が生まれ、やがて 父の言葉をこころで捉えられるようになった。29
2008/05/26
私のエゴと優しさで、家族をダメにしてきた。今、一歩前へ!28
2008/04/04
恨み続けた23年が、あの人たちの“せい”から、あの人たちの “おかげ” に変わった!27
2008/02/10
「しあわせ」はこれから!家族みんなの決心。 26
2007/12/10
自分だけがガマンしていても何も解決しない。 25
2007/11/12
しあわせになる! 今、改めてスタートを切った 私たち家族の決意です。24
2007/10/13
泣いたり、笑ったり、喧嘩したり。家族で営む、当たり前の生活。その一日一日大切に、暮らしていきたい。23
2007/09/03
自分づくりって、何だろう? 人を大切に思えた時、自分が見えてきた。さらに「なぜ?」を大切に、自分自身を見つめ直す。22
2007/08/10
夫婦、親子、家族のつながりの中でこそ。幸せになります、きっと。21
2007/07/30
「どうせ苦労するなら、3人で苦労しようよ」 目に見えるモノすべてを失って得た娘のひと言。 われに返る。20
2007/07/20
やさしい長男の“いじめ”に愕然、母は奮起。 実は、自分の生き方が問われていた。19
2007/07/10
「保育園は練習するところ」、「れんしゅう?」“会話”が、親を育てる、子を育てる。18
2007/06/30
心にずっとしまってあった “こと”を、やっと口に。私を丸ごと受け止めてくれた父と母に感謝。17
2007/06/20
「一緒に生きようね」、生きる意欲がよみがえる。支えられるだけではなく、支えにもなれる自分を感じて走る。16
2007/06/10
部下をリストラできなくて、自分が会社を辞することに。後悔はしない。これが私の生き方。15
2007/05/30
リストラ、ガードマンに。格好つけててどうする。「今度見に行くね」、家族の応援が心の支え。14
2007/05/20
妹よ、あなたは自ら言葉を発しない。 けれども、いつもニコニコ。 あなたの笑顔が、もしかしたら、 誰かの助けになっているのかもしれない。13
2007/05/10
うつ病と共に生きる。胸にしまい込んでいた本当の気持ちを表に出せた!12
2007/04/30
もう無理に頑張らない。でも、諦めない。車イスの上で学んだこと。11
2007/04/20
子供というのは、ありがたいもんですな。こんなワシでも見捨てんでくれちょる。10
2007/04/10
生きているうちに喧嘩できる相手に感謝しな。 喧嘩できる相手がいるっていうのは幸せだよ。09
2007/03/26
四歳半で突然死。子を失った母が悲しみの中から把んだもの。「それでも自分をやめてしまうわけにはいかない」08
2007/03/12
不登校と家庭内暴力。 「この子がいなければ…」と思ったことも。 息子によって、私は母親になれた。07
2007/02/24
親が見栄、世間体を捨てた時 背中を向けていた子がイキイキと自分の道を。06
2007/02/17
若者たちと、今、真剣に関わっていこう。それが、街を、やがて日本を良くする。05
2007/01/27
自分の存在を認めて欲しい人は両親。僕の真実を語ります。04
2007/01/13
「オレはおらんでもええんじゃろ!」 息子の心の叫びに、 親として、やっと目が覚めた日。03
2007/01/13
辛い思いは、その人も。 十三年間の憎しみの心から解放されて、今。02
2007/01/13
子供たちの思いになって、 親子の縁を結び直すお手伝いをしていきたい。01
ΩΩΩ

書籍について

コチラの書籍にてすべてがご覧になれます。 ご購入は下記サイトからどうぞ。

一陽舎WEBサイト

Amazon.co.jp




about